HSPさんの交流会の情報は公式LINEから

相手に腹が立つのはどうしてか?どうすれば腹が立たなくなるのか

相手に腹が立つのはどうしてか?どうすれば腹が立たなくなるのか

株式会社CocoFreey (ココフリー)
自分発見ライフコーチ 山 博美です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます☆

暑い日が続きますね。

海に行って泳ぎたいです〜(*´Д`)

 

昨日の風邪はどこへいったのやら、
朝から元気よく今日は何をしようか
考えています(*^^*)

 

来月はクライアントも含めて
仲間とキャンプを予定しているので、
とてもワクワクしています♫

相手に腹が立つのはどうしてか?どうすれば腹が立たなくなるのか

あなたは相手に腹が立つことは
ありませんか?

 

どうして相手に腹が立つと思いますか?

 

私は、以前はメッチャ腹が立つことが
ありました(^_^;)

 

腹が立つのは、相手のせいだと
思っていました。

でも、

 

腹が立つのは相手のせいではなく
自分の捉え方が違っていたことだと分かり、

 

かなりビックリしました^^;

 

それからは、あることを意識することで
腹が立たなくなりました。

 

今日は、どうして腹が立つのか、
意識をするあることとはなにか
をいくつかお話しします(^o^)

「〇〇すべき」ことなんてない。信念の違いで腹が立つ

 

あなたは、「〇〇すべき」
だと思っていることはありますか?

 

「こうあるべき」というのは、
あなたの信念/価値観です。

 

もし、「何事も頑張るべき」
という信念/価値観を
あなたが持っているとして、

 

「別に頑張らなくても良い」
という人と一緒に仕事をしたら、

 

あなたはどう思いますか?

少し腹が立ったりしませんか?

これは、あなたが持っていっる
信念/価値観と、

 

相手が持っている信念/価値観の違いに
よるものです。

あなたの「何事も頑張るべき」
だという信念は、

 

これまであなたが歩んできた
人生において築いてきた価値観によって
できたものです。

 

頑張ることで成果を出してきたのかも
しれませんし、

 

周りに認められて来たのかもしれません。

 

なので、
頑張ることで上手くいく。
と信じているのです。

 

でも、相手があなたと同じ人生を歩んで
きたとは限りませんよね(*^^*)

 

もしかしたら、相手は、
頑張りすぎて、逆に疲れて病気になって
しまったので

 

頑張ると上手くいかない。
と信じているのかもしれません。

 

相手と自分の価値観が違うことに
気が付き、

 

相手の価値観に興味を持つことを
意識すると、

 

相手に腹が立たなくなります(^^)

自分をゆるす。自分をゆるせていないので腹が立つ

前述の
頑張っていない人に腹が立つあなたは、

 

頑張っていないときの自分を
ゆるせていないので
相手が頑張っていないと腹が立ちます。

 

頑張らない人=最低な人間
と思っているのかもしれません。

 

でも、
それは一体誰が決めたことなのでしょうか?

 

別に頑張らなくてもいい。と、
頑張らない自分のことをゆるすと
メッチャ楽になります。

そして、頑張っていない
相手をゆるすことが
できるようになります。

 

そして、腹が立たなくなってきます。

 

私は、きっちり家事をしない自分を
ゆるせませんでした。

 

「女性は家事をきっちりすべき」
だと思っていました。

 

そして、家族にも手伝うことを
強要し、していないと腹を立てていました。

 

私は仕事も家事もちゃんとしているのに
何でできないの!?

 

恥ずかしながら
そんな時期がありました^^;

 

でも、家事をきっちりしなくても良い。
と何度も自分をゆるし続けました。

 

自分をゆるすのには、時間がかかりました。

 

「女性は家事をきっちりすべき」とは、

 

誰が決めたの?

自分で自分を縛っていただけかも?

きっちりしている人と比べていただけかも?

私は私、誰かと比べなくても良い。

何回も自分に問いかけました。

 

すると、
「やりたい時だけやったらいいじゃん。」

 

という答えが自分から出てきました。

 

そうだよね、そうしよう(*^^*)

 

そう思えたときから
家族に対して腹を立てることも、

 

自分に対して腹を立てることも
なくなりました。

 

ですので、家事はやりたい時だけ
やっています(^^)

 

やっている家事の内容は、
不思議と以前とあまり変わりませんが

 

自分がやりたいからやっている。
と思っているので、

 

家族がやらなくても
腹が立たなくなりました( ´ ▽ ` )ノ

 

あなたがこれまでに感じた
「〇〇すべき」を
いくつか出してみてください。

人の意見は聞くべき。

知ってる人には挨拶すべき。

自分が悪いと思ったら謝るべき。

「〇〇すべき」ことは、
人に対してだけではなく、

自分に対してもそうあるべきだと
課していることです。

「〇〇すべき」ことが多いと、
あなた自身が

 

それができなかった時、自分自身を
無意識に責めてしまっています。

あなたから出てきた
その「〇〇すべき」ができない自分も
ゆるしてあげてください。

 

あなた自身をゆるすことが
できたとき、

 

相手のことに腹を立てることはなくなる
でしょう( ´ ▽ ` )

自分で自分の機嫌をとれるようになると、腹が立たなくなる

最後に、

あなたが腹が立ったとき、

 

どうしたら自分が楽しくなるか?
どうしたら自分が嬉しくなるか?

 

と、自分自身の機嫌を自分で
とってみてください。

 

あなたが腹を立てたとき、
相手を変えようとしても
相手は変わりません。

 

仕事を頑張らない人に
「頑張りなさい!」

 

と言ってもおそらく
頑張らないでしょう。

 

それなら、
この人はこの人なりに頑張っているんだな。
と、捉え方を変え、

 

その人のできている所を褒めた方が

 

お互いに気持ちが良いですよね(^o^)

同じ出来事が起きても、

 

あなたが、腹の立つ捉え方をしようが
腹の立たない捉え方をしようが、
あなた次第です。

あなたの捉え方で
あなた自身の機嫌を取るのです。

 

相手は相手のやりたいように
やっているので、

 

あなたはあなたの都合のいいように
考えていけば良いのです(^^)

 

応援しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる