HSPさんの交流会の情報は公式LINEから

HSPは空気は読めるが、自分のことを読めていない

空気を読むHSP

私のところに相談に来られるHSPさんは、

話さなくても、空気を読んで人の気持ちが分かってしまう才能を持つ方が多いです。それは、人の気持ちになれる素晴らしい才能だと思います。

でも、人の気持ちを分かってあげられる分、自分のことも分かって欲しいという欲求が大きいのではないでしょうか?

私だったらこうするのに。何で人の嫌がることをするのだろう。自分勝手だな。

なんて思っていたりしませんか?

そんなふうに思えば思うほど、苦しくなっていませんか?

私は、5年前まで他人のことをこんなふうに思っていました。

「何で、この人たちは人のうわさをするんだろう。」

「何で、もっと前向きに考えられないんだろう。」

「何で、愚痴や悪口など平気で言えるのだろう。」

そして、すごく気分が悪かったのです。

これはつまり、人のうわさをすべきではない。前向きでなければならない。愚痴や悪口は言ってはいけない。

などの信念や思い込みがあるという証拠です。そして、その思い込みが自分を苦しめているパターンです。

本当の自分が操縦席に座っていない場合、気分が悪いという感情がそれを教えてくれます。

本当の自分が操縦席に座っている時は、喜びや感謝を感じていたり、たとえ負の感情だとしても、自分を表現できているので、いい気分です。

例えば、人のうわさをしている人がいたら、

その場で、全く別の話題に変えることができたり、受け流せたり、その場を離れたりできます。

前向きでない人に対しても「その気持も分かるよ」と、前向きに捉え、その人たちを変えようとは思いません。

愚痴や悪口も、言っている人たちが感じていることなので、自分には関係がないことが分かっていたりします。

私は、自分と向き合ったとき、いちいち反応して、他人を変えようとしている自分に気付きました。

人のうわさをしていようが、前向きでなかろうが、愚痴や悪口を言っていようが、

それは、その人たちの世界です。

反応して、イライラしているのは自分です。

そこで、自分がどう感じてる?かが、大事なのです。

周りの人は、自分の心の中を移す鏡です。自分らしく人間として成長していくために何かを教えてくれています。

嫌な気分になったとき、立ち止まって自分に聞いてみてください。

「今、私は気分が良いだろうか?」

「どう感じているのだろうか?」

「この人たちは、何を私に教えてくれているのだろうか?」

すると、こうあるべき、そうすべきではない、と言った自分を縛っているルールが見つかります。

私は、その自分を縛り付けているルールや、鏡の法則を知ったとき、

「あ・・・・・」

「ほんとだ」

と腑に落ちました。

人の噂をしたり、前向きに考えられなかったり、愚痴や悪口を言っていたのは自分だったのです。

頭の中で、あの人は駄目な人、いつも愚痴ばかり言って気分を悪くさせる。と、その人のうわさをして後ろ向きに捉え、愚痴を言っていたのです(^_^;)

結局、私も同じやん。と、そんな人たちを引き寄せた原因も分かり、人のことをコントロールしようとすることをやめました。

私自信が、やりたくないことをやらなければそれだけでOKなのです。また、やりたくないことをやならくなった自分のことが好きになりました。

すると、不思議なことに、愚痴や悪口を言う人が私の周りから消えたのです!

当時、会社員だった私の部署内で、愚痴や悪口を言っていた人たちが、全て東京へ異動することになったのです。

自分の心が成長し、自分のことが好きになると、それを教えてくれて人たちが目の前からいなくなるんだ。という体験をしました。

全て自分が源です。そのあり方で生きるということは、本当の自分が操縦席に座っている状態のことです。

「他人はコントロールしない」「起こったことは全て自己責任」他人のせいにも自分のせいにもしない。自立した状態です。

自分のことが大好きな状態で生きていくためには、自分が源が基本です。

相手と話していて「自分のことを分かって欲しい」と感じるのであれば、もしかしたら、自分自身が自分のことをもっと分かる必要があるのかもしれないですね(^^)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる